・2018年4月3日例会

4月3日(火)

周囲40mの巨石甑岩を廻る

約1660本の桜花爛漫・夙川公園

芦屋駅―芦屋神社・水神社―朝日ヶ丘縄文遺跡―

樋之池公園―越木岩神社―甑岩―豊楽公園―

夙川公園―西宮公園―西ノ宮駅

 

本日は快晴、絶好のウオーキング日和である。本日のコースは周囲40mの巨石・甑岩と夙川公園の桜を巡るコースである。桜は残念ながら満開時期が例年より1週間ほど早く葉桜かもしれない。

 

 

芦屋駅北口10時集合。本日の参加者74名。

芦屋駅から北に進み、高級住宅街の急な坂道を登っていくと芦屋神社に到着する。途中目にする車は高級外車ばかり。芦屋神社は祭神が天穂日命で縁結びの神として有名であり、神前結婚も執り行われている。境内の西側には古墳時代後期の横穴式石室墳があり、現在水神社が鎮座している。また境内にはオガタマの木やヤマモモの木、コバノミツバツツジなどが見られツツツジの名勝地でもある。なかなか落ち着いた雰囲気の神社である。

ここからは住宅街の中の急な下りの階段や、上りの階段を行けば住宅地の中にある朝日が丘遺跡緑地に到着する。このあたりは縄文時代前期の集落遺跡があった所。今は開発され、わずかに集会所の敷地に、遺跡の大型の立体模型があり、この六甲山麓の遺跡群の広がりがよくわかる展示になっている。ここでトイレ休憩。

ここから西に行くと岩園隧道西詰に至る。ここからは西方に視界が開け西宮市街が一望できる。また眼下には道路が通り岩園隧道と呼ばれ心霊スポットとして有名だとか。

ここからは比較的平坦な道を北東に行けば樋之池公園に到着する。ここでトイレ休憩。目の前にはこれから登っていく越木岩神社に至る長い坂が見える。もうひと頑張りで甑岩に到着だ。

km弱続く坂を登れば越木岩神社に到着する。ここの境内にて甑岩の見学と昼食休憩をとる。越木岩神社は子授け・安産祈願にご利益があり、広々とした境内の森は兵庫県の天然記念物に指定されている。またこの神社の秋の赤ちゃんの泣き相撲は有名。

会長からこの越木岩神社・甑岩についての説明があり、その後本殿の脇を登っていくと、この神社のご神体である周囲40m・高さ10mの巨石が鎮座している。酒米を蒸すときに使う甑(こしき)に似ていることから甑岩となずけられたとのこと。またこのご神体の形状が女性自身に例えられ女性を守る神としてこの甑岩にお参りすると子授かり・安産のご利益があるといわれている。とにかくデカイ!!!

昼食後は尾花スタッフから恒例の蘊蓄話。今回は狛犬についてのディープな話があった。

午後はここから下り道を南に行く。苦楽園口駅で阪急甲陽線を渡れば夙川公園に到着。ここからは約1kmほど桜見物で賑わう夙川公園を南にウオーク。幸い桜はまだ残っており、夙川の川べりには花見客が多数散りゆく桜を楽しんでいた。

 

 

夙川駅を越え次は西宮神社へ。

西宮神社はえびす様をお祭りする神社の総本山で、三連春日造という珍しい構造の本殿がある。拝殿にて参拝をして境内を巡り表大門へ。ここで会長より、1月10日のこの神社の名物行事である「開門神事福男選び」の説明があった。この表大門が開くと同時にダッシュして230m先の本殿に1番に飛び込んだ人が「1番福」とか。今年は5000人が参加をしたとのこと。

ここからはゴールのJR西宮駅へ。途中阪神西宮駅で帰る参加者には10kmのIVVを渡し、最後の西宮駅でIVV11kmを渡して無事本日のウオーキングは終了した。

 

 

本日はお疲れさまでした。