・2018年3月25日総会ウオーク

2018年3月25日(日)

総会ウオーク

コース 

八木駅―八木札ノ辻交流館―おふさ観音―橿原神宮

―懿徳天皇陵―安寧天皇陵―今井町―八木駅

 

 

八木駅を出発して八木町の八木札ノ辻交流館へ。八木札ノ辻は江戸時代、伊勢に通じる伊勢街道と山城,、奈良から吉野、紀伊に通ずる中街道の交差点にあり、伊勢参りや大峰山への参詣巡礼などで賑わっていたところ。この札ノ辻交流館はその当時の正規の旅籠を営んでいた建物で指定文化財である。

札ノ辻交流館から南に延びる細い道路は、昔の下ツ道で後中街道と呼ばれた道である。

おふさ観音で小休止。残念ながら花はもう少し先。

国道169号線に出て南へ。橿原御陵前駅を横切り橿原神宮外苑を歩き橿原神宮南の深田池で休憩。

ここから畝傍山山麓を周遊。まず右手に第4代懿徳天皇陵が見えてくる。さらに畝傍山を回り込むと第3代安寧天皇陵が左手に見える。どちらも立派な陵。

 

ここから奈良県農業試験所の横を通り、畝傍山の北山麓側に出て、弘法大師による井戸などを見るとほぼ畝傍山を周遊。ここから北へ。

165号線の高架をくぐると今井町の花甍(町並み交流センター)へ。ここでスタッフより今井町などの説明を聞く。

 

 

ゴールの八木駅に到着。本日はお疲れ様でした。踏破距離は10kmでした。