・2017年5月23日例会

5月23日(火)

 明石海峡大橋から明石・魚の棚へ

 ―迫力満点!海上47mの丸木橋を渡るー

 JR垂水駅西口―五色塚古墳―アジュール舞子―

舞子海上プロムナード(明石海峡大橋)-子午線標識

 ―魚の棚―JR明石駅

   

本日のコースは明石海峡大橋から大蔵海岸までの海沿いの眺望を楽しみながら歩くコースです。天気が良ければ抜群の眺望が楽しめるコースだけに、天気を心配していましたが幸い快晴、気持ちの良いウオーキングが楽しめそうです。

 

 

10時JR垂水駅西口集合。本日はJR神戸線で事故があり、列車の遅れも発生していたため15分遅れで出発式を行い、五色塚古墳にむけ出発です。(写真はJR明石駅での出発式)

 

 駅前から住宅街の中を通りしばらく行くと、明石海峡大橋を背景に復元された五色塚古墳が見えてきます。 古墳の管理事務所前まで来ると、なんと巨大な!!葺石を張り巡らした巨大な五色塚古墳に驚きです。この古墳には階段が整備されていており、早速墳丘に登り、本日1番のおすすめの眺望を楽しみます。登りきると高いだけあり、明石海峡にかかる明石海峡大橋が一望でき、のんびりした瀬戸内の景色を楽しみながら、リーダーの説明を聞きます。この五色塚古墳は昭和40年から10年かけて調査・復元されたもので、その全長は194mで、全国で40番目の大きさがあり、仲哀天皇の墓ともいわれているとのこと。

 (写真は五色塚古墳の後円部からの風景)

 次は明石海峡大橋の舞子公園を目指します。五色塚古墳から山陽電鉄の霧ケ丘駅を越えて、JRの線路をくぐると間もなく海岸に出ます。(写真はアジュール舞子から明石海峡大橋を望む)

 この海に面した公園をしばらく行くと舞子公園の舞子海上プロムナードの入り口に到着です。真上に明石海峡大橋が渡り、このプロムナードは大橋の下部に設置された施設で、遊歩道もあり海上47mの丸木橋もありスリル満点の仕掛けも楽しめます。ここで50分ほど時間をとりプロムナード見学と昼食タイムです。海峡を行く船舶を眺めながらののんびりした昼食時間を楽しみます。

  

12時15分いつもの蘊蓄話(今回は少し難しい土木関係の話でしたが)がリーダーからあり、午後の出発です。(写真は大橋下で昼食後の蘊蓄話の様子)

 JRの舞子駅を通り海岸線から離れJR神戸線の北側の道路を約1.5km行けばJR朝霧駅に着きます。ここを左折れしてJR神戸線や山陽電鉄の上にかかる橋を渡り大蔵海岸に出ます。後方に明石海峡大橋や淡路島が望めなかなかの眺望です。ここでトイレ休憩。リーダーからは子午線に関する蘊蓄のある話がありました。(写真は大蔵海岸から大橋を望む)

 

 

 

 

 ここからは気持ちの良い海岸沿いの遊歩道のウオーキングが続きます。しばらく歩き海岸線とも別れて右折れし町の中に入ると、左手の道端に子午線通過知識標があるのを確認できます。国道2号線に出て左折れすれば間もなくゴールの魚の棚です。

 

 

 

 本日はお疲れさまでした。本日は天気に恵まれ気持ちの良いウオーキングが楽しめました。ウオーキングの距離は10km、参加者は79名でした。